読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画おすすめランキング(感想、ランキング、評価、オススメ)! レンタルDVD BD・オンデマンド(VOD)視聴の参考にしてください)

おすすめの映画・レンタル(新作・準新作・旧作)・ビデオオンデマンド(VOD)ランキング。おすすめ映画・レンタルのランキングです。映画が好きで今まで1500作品以上鑑賞してきました。さらに、脚本家を目指していた時もあります。ただ、今までは観きただけで終わっていました。それでは忘れてしまうことも多く、記録を残すことにしました。

女が眠る時(★☆)

【スポンサーリンク】

女が眠る時

 

movies.yahoo.co.jp

 

 

監督: ウェイン・ワン

出演: ビートたけし/西島秀俊/忽那汐里/小山田サユリ/新井浩文

時間:104分

 

(作品鑑賞回数 1回目)

主人公の作家がバカンスに訪れたが、そこに関係性の見えない親子ほど離れた男と少女を見つける。その二人の関係性に興味を持った作家が二人を探ろうとする・・・。

正直、つまらないです。ふり、設定は面白そうですが、ストーリーのテンポが悪く、展開もつまらないです。さらに盛り上がりもかけます。
ただ、この作品何よりキャストが失敗だったと思います。この作品はエロス的部分が非常に重要だと思います。そういうシーンもありますが、忽那汐里と小山田サユリ二人の作品に対する意気込みが違うため、ここのアンバランス感も良くなかったと思います。小山田サユリのシーンは逆にここまでする必要あるの?と思うし、逆に忽那汐里のシーンはなにこれ?レベルとなっています。

また、男性陣では西島秀俊はかっこよいとは思いますが、ここではただそれだけですし、ビートたけしはやっぱりビートたけしすぎるし、と役者イメージのそのまま感が強すぎて、この作品の役のキャラクターよりも本人達の役者キャラクターが強すぎてそれを打ち崩せなかったと思います。
結論としてこの作品はキャスティングが失敗だと思いました。

 

評価★☆

 

★ブログランキングに登録しています。ぜひ、クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 映画ブログ

 

ありがとうございます

 

【評価一覧】

★★★★★(★5つ)映画史プラス個人的に大好きで何度も見れる作品。

★★★★☆(★4.5つ)映画史に残る名作<必見>

★★★★ (★4つ)良作<ぜひ、見てほしい>

★★★☆ (★3.5つ)佳作<はまる人ははまる>

★★★  (★3つ)普通<悪くはないので見て損はない>

★★☆  (★2つ半)※それ以下は特にお勧めはしない